医療脱毛の安全に関すること

医療脱毛とは、脱毛クリニックや美容外科等が施術する脱毛の事です。医療脱毛は医療行為に当たります。厚生労働省の許可を得た機器を使用して脱毛を行います。施術は医師本人、又は医師の立会いの下で行われます。医療用レーザー機器を使用したレーザー脱毛は、医療機関でしか施術出来ません。エステで使用する事は医師法違反に当たります。脱毛に使用されるレーザー機器のほとんどが海外から輸入されています。海外にて購入したレーザー機器を国内に輸入する為には、税関検査に合格する事が必要です。国内に搬人する為には厚生労働省の薬鑑証明という許可書が必要です。海外で使用されている薬や医療器具を輸入して患者を治療する為には、手続きの際に必ず医師免許証の提出が求められます。医師免許を所持していない人がレーザー機器を使用して治療を行うと医師法違反で処罰されます。医療脱毛には光脱毛、医療用レーザー脱毛、電気脱毛があります。医療機関で施術しますので、万が一トラブルが発生しても迅速な対処が可能です。施術前には、説明がしっかりと行われます。脱毛を希望する患者の状態や要望等を慎重に検討した上で施術方法を選択します。医療脱毛の安全に関する重要ポイントとして、レーザー脱毛、光脱毛は、医療機関でのみ施術が可能な脱毛方法であるという点が挙げられます。レーザー脱毛、光脱毛に使用する機器を操作するには、十分な専門的知識が求められます。脱毛を考えている人で、安心、安全を重視するならば医療脱毛を検討して下さい。

コメントは受け付けていません。