脱毛するにはどうしたらいい?

女性にとって、ムダ毛の処理は必要不可欠な作業です。しかし、処理をしてもまた生えてきてしまうといういたちごっこの繰り返しです。自己流の脱毛方法ではお手入れが大変だという場合、クリニックやエステサロンで専門の機械を用いて脱毛してもらう方法があります。いわゆるレーザー脱毛は1997年に日本に上陸した、白黒の色素の差を利用して黒い色にだけに集まる性質のあるレーザーを使って毛根を破壊するというメカニズムです。強い出力の電気を用いるため医療機関でしか使用することが出来ない、と定められた法律です。エステにおける「レーザー脱毛」はクリニックのそれとは異なるもので、レーザーと同じような性質を持つフラッシュライトを利用した機器で、出力が少なめになっています。一般にIPL脱毛と呼ばれています。他に電気脱毛としてブレンド法というものがあります。ごく細い針を無駄毛が残っている毛穴に刺し、高周波の電気を流すとともに電気分解反応を行って毛根を焼いてしまいます。クリニックと比べ出力を弱めてあるため、若干時間が必要な可能性もあります。脱毛は毛が生え変わる周期(毛周期)に沿って行うと効果的だと言われます。毛穴のことを「毛包」といって毛根の奥に「毛乳頭」という球があり、その上に毛母があります。毛は「成長初期」「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルを繰り返して伸びて抜けてまた伸びるという繰り返しです。このサイクルに合わせて施術するのが肝心です。

コメントは受け付けていません。