医療レーザー脱毛の簡単なメカニズム

ビューティー22医療脱毛で行われるレーザー脱毛の施術が数回に分けられて行われるのは、脱毛が毛の周期に関わることになるからです。ヘアサイクルとも呼ばれることが有るこの毛周期は、成長期 、 退行期 、 休止期と言う3つの過程を繰り返しています。脱毛に最も適した成長期は、毛が成長するためのメラニンなどの栄養分がたっぷりと毛根に溜まった状態であるため、メラニンに反応するレーザー照射が効果的に脱毛に働くと言うわけなのです。光の束であるレーザーはメラニンに吸収され、熱エネルギーに変換されていきます。その結果毛根にある毛乳頭は破壊され、毛の再生は阻止されると言う仕組みです。レーザー照射により破壊された毛乳頭の先に有る毛は、1週間ほどで自然に抜け落ちていくことになります。退行期に当たっている毛は、レーザーへの反応は弱いので効果は高く望めませんし、休止期となっている毛はレーザーに全く反応を起こさないので、時期を待った脱毛が必要とされるのです。医療脱毛の施術は1.5カ月から2カ月に1度、個人差は有りますが、5回から6回で完了する人がほとんどと言われています。医療脱毛で使用される医療用レーザー脱毛器の出力はとても高く、高性能であるため、毛周期を認識した上で最低限の回数での施術が可能となるのです。医療レーザー脱毛は確実な効果を実感することが出来る優れた脱毛方法ですが、日焼けしたお肌の方はそれが抜けるまで待たなければなりません。黒いメラニンに反応するのがレーザー脱毛ですので黒い肌のままではムダ毛を黒と認識しない可能性が高いからです。